次回公演コピー用

タカハ劇団 第17回公演
『美談殺人』

人は美談に殺される――――

出演者4名のバストアップ写真。左から、福本伸一、町田水城、柿丸美智恵、高羽彩

 

12月1日12時より、チケット先行販売開始!
一般発売は12月13日10時より!

 

あらすじ
そう遠くない未来。
人類の平均寿命は50歳まで低下していた。
人々は早すぎる死を恐れ、自分の存在意義を渇望し、死に様に「美談」を求めるようになった。
依頼人の要求に応じて美談を作る「美談作家」は、花形職業としてもてはやされ、売れっ子は巨万の富を築いた。
ある時、駆け出しの貧乏美談作家と、大御所美談作家が出会う。
大御所美談作家は貧乏美談作家に依頼する。

「私の為に、この世で一番下らない美談を作って下さらない?」

二人の出会いが、社会を揺るがす恐ろしい美談を生み出していく――

 

脚本・演出
高羽 彩

 

出演
町田水城(はえぎわ)
柿丸美智恵
高羽 彩
福本伸一(ラッパ屋)

 

舞台手話通訳
田中結夏(TA-net)

 

公演日程
2021年1月13日(水)~17日(日)

1月13日(水)19時
     14日(木)14時
                  19時
     15日(金)19時
     16日(土)14時★
                  18時
     17日(日)14時

※受付開始は開演の45分前、開場は30分前
※全公演、舞台上での手話通訳・バリアフリー字幕のタブレット貸し出しあり
★1月16日(土)14時の回は 「下北沢駅」までのお迎え・事前舞台説明会あり
タブレットのご予約・バリアフリー対応に関するお問い合わせは<バリアフリー対応専用窓口>まで。

会場
下北沢 駅前劇場
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F
TEL:03-3414-0019
小田急線・京王井の頭線「下北沢」駅より徒歩3分
誘導希望の方は記事最後の<バリアフリー対応専門窓口>までご連絡ください。

チケット一般発売
2020年12月13日(日)10:00~

チケット取扱い
・ローソンチケット
https://l-tike.com/takaha/
ローソン・ミニストップ店頭Loppi(Lコード:35024)

・演劇最強論-ing(手数料無料 チケット代のみで購入可)https://www.engekisaikyoron.net/

 

バリアフリー対応専用窓口(平日10時から19時)
バリアフリーサポート:Palabra(パラブラ)株式会社
TEL: 03-5937-2231 FAX: 03-5937-2233
Email:event@palabra-i.co.jp

 

お問い合わせ
タカハ劇団 
Mail. info@takaha-gekidan.net

 

スタッフ

舞台手話通訳:田中結夏(TA-net) 手話監修:米内山陽子(チタキヨ)
舞台監督:櫻井健太郎  舞台美術:稲田美智子  照明:小林愛子(Fantasista?ish.)  音響:田中亮大  衣裳:千葉奏子  映像収録:松澤延拓  アンダー:都倉有加 演出助手:相田剛志
宣伝美術:羽尾万里子  写真:塚田史香  制作:半田桃子 佐藤恵美
制作協力: krei株式会社  協力:株式会社ミーアンドハーコーポレーション 合同会社Conel 
バリアフリサポート:NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net) Palabra株式会社

企画・製作:タカハ劇団

 

タカハ劇団第16回公演
『女友達』

歳を重ねるたびに、
話せないことが増えていく――

『女友達』メインビジュアル
『女友達』フライヤー裏

2019年10月5日10:00~
チケット公表発売中!!!

チケット取扱い
・ローソンチケット
https://l-tike.com/takaha-gekidan/
0570-084-003(Lコード:●●●●)
0570-000-407(オペレーター対応)

・演劇最強論-ing
https://www.engekisaikyoron.net/takahagekidan16/
(手数料無料 チケット代金のみで購入可)

・劇団WEB予約
 

あらすじ

事故で緊急入院した姑の世話をするため、忙しい旦那に替わって一時帰郷した朱音(あかね)は、高校時代の同級生で今は介護士となった稔梨(みのり)と再会する。
再会の挨拶も早々に、朱音は稔梨に姑の事故原因について詰問する。
稔梨曰く、姑の事故にはこの家の引きこもりの長女、紀香(のりか)が関わっているらしいが――。

女三人、一夜で語りあうのは、恋バナよりも赤裸々な、人生の話。


脚本・演出|高羽彩

出演|
異儀田夏葉(KAKUTA)
高野ゆらこ
高羽彩



日程 2019年12月3日(火)~7日(土)

12月3日(火) 19:30
12月4日(水) 19:30
12月5日(木) 14:00/19:30
12月6日(金) 19:30
12月7日(土) 13:00/18:00

受付|開演45分前 開場|開演30分前


会場

スタジオ空洞

〒171-0014 東京都豊島区池袋3-60-5 地下1階

MAIL: studio.kudoh@gmail.com


料金

全席自由席(整理番号付・税込)
前売 3,200円/当日 3,500円

※未就学児童はご入場いただけません。
※車椅子でご来場のお客様はチケットご購入後、お問合せ先までお知らせください。


チケット一般発売
2018年12月23日(日)10:00~

チケット取扱い
・ローソンチケット
https://l-tike.com/takaha-gekidan/
0570-084-003(Lコード:32051)
0570-000-407(オペレーター対応)

・劇団WEB予約

スタッフ
照明:小林愛子(Fantasista.ish?) 音響:角張正雄 演出助手:川名幸宏
宣伝美術:羽尾万里子(Mujina:art)宣伝撮影:塚田史香 制作進行:半田桃子 当日運営:柴田紗希  票券: 村田紫音
製作協力:嶌津信勝(krei inc.) gina creative management 企画・製作:タカハ劇団

  本作品は下北沢演劇祭参加作品です


お問い合わせ

gina creative management TEL. 03-6453-2080(平日10:00~18:00)


STAFF

舞台美術:稲田美智子 照明:松本永(eimatsumoto Co.Ltd.) 音響:佐久間修一(POCO) 映像:松澤延拓 衣裳:小笠原吉恵 演出助手:藤江理沙 宣伝美術:羽尾万里子(Mujina:art) 宣伝イラスト:西原恵利香 制作進行:半田桃子 制作:首藤悠希(ミモザ) 票券: 小夜(ミモザ)
協力:ワタナベエンターテインメント マッシュマニア エフ・エム・ジー キューブ オフィスPSC
製作:和田丈嗣(WIT STUDIO) 製作協力:嶌津信勝(krei inc.) 企画・製作:WIT STUDIO タカハ劇団


ATTENTION!!

本作品は、2010年にネルケプランニング製作で上演された、高羽彩:脚本/青木豪:演出の『僕らのチカラで世界があと何回救えたか』とは内容が異なる書き下ろし新作です。


 


タカハ劇団第15回公演
僕らの力で世界があと何回救えたか

2018年12月8日 オフィシャル先行販売開始!!!

2018年12月8日より、タカハ劇団オフィシャル先行販売が開始します!!
受付期間:2018年12月8日(土)12:00~12月12日(水)23:59
申込URL:https://l-tike.com/st1/takaha_official
★受付は、先着順です。


あらすじ

元アマチュア無線部の三人が、7年ぶりに母校で再会する。
薄暗い校舎、今はもう廃部になってしまった無線部の部室の片隅で、
古ぼけた無線機から懐かしい声が聞こえてくる。
それは7年前に失踪したきりになっていたもう一人の部員、リョウタの声だった――

ともだちがいなくなった。
いなくなったきり、みつからなかった。
ともだちの不在をおきざりにしたまま、僕らはおとなになった。
でも最近おもう。
ほんとうにおきざりにされたのは、僕らだったのかもしれない。


脚本・演出|高羽彩

出演|
大久保祥太郎(阿佐ヶ谷スパイダース)
斉藤マッチュ(20歳の国)
松澤 傑
小園茉奈(ナイロン100℃)
若狭勝也(KAKUTA)
内藤栄一
もたい陽子

松永玲子(ナイロン100℃)


日程 2019年2月8日(金)~14日(木)

2月8日(金) 19:00
2月9日(土) 14:00/18:00★
2月10日(日) 14:00/18:00★
2月11日(月・祝) 14:00
2月12日(火) 19:00
2月13日(水) 14:00/19:00
2月14日(木) 14:00
※★はアフタートーク有り

受付|開演45分前 開場|開演30分前


会場

下北沢 小劇場B1

〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール地下1階
TEL:03-6416-8281
小田急線・京王井の頭線「下北沢」駅より徒歩5分


料金

全席自由席(整理番号付・税込)
前売 4,000円/当日 4,300円
Under25 前売/当日共に 2,500円(入場時要証明書)

※未就学児童はご入場いただけません。
※車椅子でご来場のお客様はチケットご購入後、お問合せ先までお知らせください。


チケット一般発売
2018年12月23日(日)10:00~

チケット取扱い
・ローソンチケット
https://l-tike.com/takaha-gekidan/
0570-084-003(Lコード:32051)
0570-000-407(オペレーター対応)


  本作品は下北沢演劇祭参加作品です


お問い合わせ

gina creative management TEL. 03-6453-2080(平日10:00~18:00)


STAFF

舞台美術:稲田美智子 照明:松本永(eimatsumoto Co.Ltd.) 音響:佐久間修一(POCO) 映像:松澤延拓 衣裳:小笠原吉恵 演出助手:藤江理沙 宣伝美術:羽尾万里子(Mujina:art) 宣伝イラスト:西原恵利香 制作進行:半田桃子 制作:首藤悠希(ミモザ) 票券: 小夜(ミモザ)
協力:ワタナベエンターテインメント マッシュマニア エフ・エム・ジー キューブ オフィスPSC
製作:和田丈嗣(WIT STUDIO) 製作協力:嶌津信勝(krei inc.) 企画・製作:WIT STUDIO タカハ劇団


ATTENTION!!

本作品は、2010年にネルケプランニング製作で上演された、高羽彩:脚本/青木豪:演出の『僕らのチカラで世界があと何回救えたか』とは内容が異なる書き下ろし新作です。